今ひとつだけ買うなら何を買う?各有名ブランド商品を徹底比較

数々のブランドのなかでも有名なグッチの歴史とラインをいくつか取り上げています。

グッチの歴史とライン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
有名なブランドはいくつかありますが、そのひとつにグッチというものがあります。
このグッチの操業は1923年から始まりましたが、1923年グッチオ・グッチが高級皮革製品の店をフィレンツェに創業したことがきっかけになっています。
実はブランドのなかに名前を入れるというのも、このグッチからスタートしており、Gをふたつ組み合わせた、GGマーク(ダブルG)はグッチの特徴にもなっています。
とくに1950・60年代に発表されたバンブーバッグとビットモカシンといわれるものは、当時はかなりの人気になり、あっという間にグッチの名前をセレブたちに知らしめることになりました。
ちなみにグッチがお気に入りの有名人にはオードリー・ヘップバーン、ジャクリーン・ケネディなどを挙げることができますが、そのような有名人もグッチブランドの人気に貢献しているといえるでしょう。
このグッチには、ほかのブランドと同じくさまざまなラインが存在しています。
まず紹介することができるのがクルーズラインといわれるものです。
これはシーズンとシーズン(春と秋前)の端境期に登場する商品になっています。
どうしてクルーズかというと、セレブがクルーズをするさいに持つことを想定されたモデルであるためにそう言われているとのことです。
さらに注目できるのが、プリンシーラインというものですが、2本のリボンがあしらわれたキュートなデザインが特徴的になっています。
トートバッグやショルダーバッグ、キーキーケースなどがありますが、どのアイテムでもかなりの人気になっています。
さらに注目することができるのがGG柄キャンパスでしょう。
キャンバスというのは太い糸で厚手の織物を織ったものになるのですが、その頑丈な作りと飽きのこないデザインがベストセラーになっています。
このラインの商品は非常に多く、ハンドバックやショルダーバッグなどの女性向きのものから、男性向けのブリーフケースやショルダーバッグなどもラインナップされています。
ほかにもラインナップされているラインとしては、ナイロンをつかったグッチナイロンといわれるラインになりますが、シンプルで汚れがつきにくいというメリットがあります。
材質の面ではほかにもビニール製やスウェード性のもの、さらにはグッチシマといわれるアイボリーホワイトのレザーにGGロゴの型押しを施したモデルも人気になっています。
このような現行モデルだけではなく、1960年代から1980年代まで売られていたオールドグッチなどのモデルも高い人気があります。

Copyright (C)2017今ひとつだけ買うなら何を買う?各有名ブランド商品を徹底比較.All rights reserved.