今ひとつだけ買うなら何を買う?各有名ブランド商品を徹底比較

ロレックスとひとくちにいっても、その種類や素材にはさまざまなバリエーションがあります。

ロレックスの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一流の時計ブランドの代名詞にもなっているロレックスですが、その種類は100種類以上だともいわれています。
そのさまざまな組み合わせを理解することによって、自分にピッタリの時計を見つけることができるに違いありません。
ではどのような組み合わせがあるのか、基本的な情報を紹介してみましょう。
まずはムーブメントといわれる腕時計の心臓部分になります。
ひとつとして取り上げることができるのがOYSTER(オイスター)といわれるムーブメントになります。
これは素材の塊からケースをくり貫き研磨して製造していますので、気密性がきわめて高く90年近くの歴史をもっています。
PERPETUAL(パーペチュアル)というムーブメントもありますが、これは自動巻き機構になっているのですが、電池を入れなくても身につけているだけで動かすことができるようになっています。
さらに注目できるのがブレスレットに関してです。
ロレックスのブレスレットは軽くて丈夫というのが特徴的になっているのですが、ブロック型の3列バンドであるオイスターブレス、5列のバンドが美しいジュビリーブレスなどがあります。
さらにケース表面のサファイアクリスタルについているリングであるベゼルですが、これもさまざまな種類があります。
例えばつや消しかこうで鏡面仕上げになっているファインリーエンジンターンベゼル、1分仕上げになっているエンジンターンドベゼル、均等に山形にカッティングされているフルーテッドベゼル、滑らかなポリッシュドベゼル、さらに回転式のものもあります。
そして見た目に関係する素材にもさまざまなバリエーションがあります。
ホワイトゴールドベゼル、ステンレススチールとイエローゴールドのコンビネーション、ステンレススチール、プラチナなどをあしらったものがあります。
これらのバリエーションに加えて、さまざまなモデルがありそれぞれにファンがいるといわれています。
なかでも日本において有名だといわえているのがエクスプローラーシリーズでしょう。
シンプルなデザインながらも非常に頑丈な点がポイントになっています。
ほかには1953年初のプロダイバー向けに設計された腕時計であるサブマリーナー、レース用に開発されたデイトナなども人気になっています。
ロレックスというとただの高級時計というイメージがある方もいるかもしれませんが、人気時計ブランドとして有名になるだけの理由がたしかにあるといえるでしょう。

Copyright (C)2017今ひとつだけ買うなら何を買う?各有名ブランド商品を徹底比較.All rights reserved.